カラーコーディネーターの難易度は?


カラーコーディネーター検定1級、2級、3級の難易度は?
カラーコーディネーター検定3級は、入門的な資格で難易度はかなり低めです。
合格率は60%、同級の色彩検定と比べると多少むずかしい試験のようです。

試験では、3級テキストの基礎知識と、それを理解した上での応用力を問われます。
具体的には、「色の性質」、「色と心理」「色を表し、伝える方法」、「配色と色彩調和」、「光から生まれる色」などです。

カラーコーディネーター検定2級は、3級に比べかなり難易度がアップします。
試験内容も「色彩の法的規制」(生活者の視点からの色彩)、「色の測定と表示」、「色の差の測定と表示」(生産者の視点からの色彩)、「自動配色の展開手法」(カラーコーディネーターの視点)など、つよく実務色をおびてきます。
合格率は30%前後です。専門学校や通信講座で対策する方が多いようです。


1級の検定試験は、第1分野(ファッション色彩)、第2分野(商品色彩)、第3分野(環境色彩)の3分野から、希望する分野を1つ選択して受験することになります。
1級試験の難易度はかなり高く、なかでも1級の「環境色彩」は合格率10%程度の難関資

色に関するスペシャリストのことを『カラーコーディネーター』という総称で呼ぶことがありますが、『色彩検定』は国家試験のようなライセンスではありません。 しかし、色に関する知識や技能を社会的に評価する『尺度』として確実に社会的な認知また、カラーコーディネーターとしての仕事も増えています。


ファッション、テキスタイルデザインなどは無論のこと室内装飾やインテリアデザインなどの仕事には欠かせぬ資格かもしれません。
カラーコーディネーターの資格と実務とは少々違う場合もありますが。。。持っていて損のない資格です。


色一つで新商品が売れるか?売らないか?という場合も多々あります。
企業の商品開発などにもカラーコーディネーターとしての知識が必要とされ、ますます人気の高い資格かもしれません。またカラーコーディネーターとしての仕事の範囲も広範囲に及んできました。


色彩心理学また色のもつ感情などなど、カラーコーディネーターとして説明できるでしょう。


色彩によって同じ物体が重く感じたり、また疲労度も違ってきます。
同じ空間でありながら広く感じたり、また、色によって寒くも、暖かくも感じるなど色彩の力はすごいですね。
仕事で「色」を扱う。。おもしろいですね。



posted by 定年後のアフィリエイト at | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。